1. Home
  2. シドニー生活体験マニュアル
  3. 第6章−5. フェリー

第6章:交通機関
2015年01月09日、2016年08月03日更新


6.5. フェリー(Ferry)




サーキュラーキーから、観光用クルーズ船も含めて各方面行きの定期船が出ています。フェリーというと「さんふらわあ」など日本の車両運搬用の巨大なものを連想されるかもしれませんが、通勤通学にも利用される市民の小型の「海のバス」です。マンリーやタロンガ動物園行きのように直行で行く路線もありますが、入江のあちこちを各駅停車のように巡回していく路線もあります。

サーキュラーキーには、電車のプラットホームのように5つの埠頭が路線別に横一列に並んでいます。各埠頭の構内に行先や時間が示されていますのでそれほど迷うことはないでしょう。切符は自動販売機、あるいは付近の窓口で購入できますし、その購入方法は基本的に電車の場合と同じです。

交通機関のなかでは、路線数も少なく、最もわかりやすいでしょうし、またオペラハウスやハーバーブリッジを間近に航行するので、交通機関の中では乗ってて一番気持ちが良いでしょう。手軽に、また安価にハーバークルーズができます。なお、JET CAT(ジェット・キャット)という名前の高速船もあります。


 シドニーフェリーの時刻表や系統図はココにいけば見つかります。

 直リン張っておきますと、
 フェリー航路図(pdf)

 時刻表

 もっとも年がら年中URLをいじっているので、もしリンク切れの場合は、Google Australiaで"Syndey Ferry Timetables"あたりで検索すれば上位に来るはずです。


OPAL CARDについて


 2014年からシドニーのあるNSW州交通局が鳴り物入りで宣伝している新製品がOPAL CARDです。

 これは複雑なので、独立して解説ページを作りましたので、そちらをご参照ください。


 ★フェリーに関していえば、もっとも先に施行されたのがフェリーであり、2014年09月からフェリーテンという10回回数券が廃止されているのでOpal Cardを使うしかないです。

 また、観光でこられて一回ポッキリの利用だけなら普通に切符買っても変わりませんが、それが日曜日だったら、日曜だけ幾ら乗っても2.50ドルという特典がありますのでお得ですよ。

 詳しくは上のサイトを御覧ください。





→次(6.6.交通編(6)レンタカー)に進む
→生活体験ノートのトップに戻る
→APLaCのトップ(総合目次)に戻る