1. Home
  2. ワーホリの部屋
  3. ワーホリ実戦講座
  4. ワーホリ実戦講座(その1-2)


1-2.ワーホリビザの取得方法





ワーホリ実戦講座 INDEX

1:ワーホリとは?近年の環境変化
1−1:グローバリゼーションの読み解き方とワーホリの新活用法
1−2:ワーキングホリデー・ビザの取得方法
1−3:二回目ワーホリ

2: Watershed(分水嶺)運命の分かれ道〜 あまりに高い言葉と文化の壁
3.初期において「やる気」を「経験」にエクスチェンジすること
4.サバイバル力養成実戦講座 あしたのために〜その1(バスを制覇せよ)
5.サバイバル力養成実戦講座 あしたのために〜その2(地図を入手せよ)
6ー1.サバイバル力養成実戦講座 あしたのために〜その3(携帯電話を入手せよ)
6ー2.サバイバル力養成実戦講座 あしたのために〜その3(携帯電話編 その2)

7.シェアを探そう〜100%英語環境でのシェア探しがなぜ成功の第一関門になるのか?
※↑関連シドニーシェア探し入門を参照

8−1.仕事をしよう(その1) 仕事の効用 
8−2.仕事をしよう(その2) 仕事の探し方 日系〜ジャバレス編
8−3.仕事をしよう(その3) 仕事の探し方(2) 日系その他編、ローカル編
8−4.仕事をしよう(その4) 英文履歴書・実戦例

9−1.ラウンドのススメ(その1) 
9−2.ラウンドのススメ(その2)ラウンド先での仕事
9−3.ラウンドのススメ(その3) 宿について
9−4.ラウンドのススメ(その4) 一人旅、車の旅

10−1.2年目ワーホリの難しさ(その1) 
10−2.2年目ワーホリの難しさ(その2) 「ワーホリ定食」論
10−3.2年目ワーホリの難しさ(その3) ゼロベースからの自家製メニュー
10−4.2年目ワーホリの難しさ(その4) 余談(自分の場合)と結語

はじめてのワーホリビザ(一回目ワーホリ)


 ワーホリビザの取得方法ですが、これは簡単。申請すればいいだけです。
 申請の方法は、日本のオーストラリア大使館の該当ホームページに移民局へのリンクが貼ってあります。日本語なのはリンクだけで、いきなりオーストラリアの移民局本家のページに飛ばされてしまいますが、ビビらないでください。僕が知ってる限りここでコケた人はいません。またこの程度の実務能力が無かったら、来てもツライんじゃないかと思われます。

 ---なあんてポーンと突き放してしまいますが、でも本当にそうですよ。これがワーホリの第一の関門。ワーホリというのはトライしてなんぼです。「とにかく自分でやってみ」と。現地に来たらこんなことの連続だから、いい予行練習です。わかんなくなったら、そこでSAVEボタンを押して、番号を控えておけばいいし、最後の最後に自分にクレジットカードの詳細を確認してOKを押さなかったら、申請したことになりません。辞書を片手に、行けるところまで行ってみたらいいです。

 以下、トライしたけど「だー!分からん!」で玉砕した勇気あるチャレンジャー諸君の健闘を称えて(よくやった!)、いくつかのヘルプを。
 また、どうしても不安だから最後に確認しておきたい、という人のために。

 →STEP別 ワーホリビザ記入要領の解説のページへ行く

 画像入りでかなり細かく解説しておきました。
 これでも分からなかったらメール下さい。

 申請がeVisa(電子ビザ)になってますので、インターネット経由で申請し、ビザの交付も電子メールが来るだけです。
 パスポートに麗々しくべったりとビザシールを貼ってくれるわけではないので、「え、本当にこれだけで入国できるのかしら?」と。でも入国できます。

 詳しいシステムは知りませんが、おそらくはあなたの個人情報(パスポート番号など)が大使館経由でオーストラリア移民局のデーターベースに登録され、またワーホリビザを交付されたこともデーターベースに打ち込まれるのだと思われます。オーストラリアの空港の入国審査では、係官が端末をパコパコやってデーターベースに打ち込まれているかを照合確認します。一応、大使館からは、「このビザ交付のメールをプリントアウトして提出しなさい」と書かれてますが、これは念のための措置のようなものです。パスポートだけで端末照会は出来ると思いますが、万が一データー入力ミスなどがあった場合、「ほら、ちゃんとビザは貰ってるよ」という証拠書類としてプリントアウトしておくといいよ、ということです。

 ワーホリビザ交付通知メールの文面は、以下のようなものでしょう。


AUSTRALIAN COMMONWEALTH DEPARTMENT OF IMMIGRATION AND MULTICULTURAL AND INDIGENOUS AFFAIRS


Reference Number: ABCD1234EFG
Passport Number: AABB112233
Family Name: Yamada
Given Names: Taro

Dear Taro Yamada,

This is to advise that you have been granted an Electronic Working Holiday Visa, Subclass 417.

(↑ここまでが大事で、以下、ワーホリビザに関する諸注意が延々書かれている)


ナシのツブテ〜ぜーんぜん返事が来なかった場合にどうするか?

 ビザの交付にせよ、健康診断を受けなさいにせよ、普通は移民局からメールがくるでしょう。ビザ審査のために一般的な所用時間は、オフィシャルにはVisitor Visa Processing Timesに書かれています。時期によっても変わるのでしょうが、今(2014年08月)見てみたら、一回目のWHビザで6日、二回目で21日と書かれています。2年前から変わってないですね。

 待てど暮せどなんの応答もない場合、メールをミスっている可能性があります。

→続きを表示させる

2012年からの新方式〜 E-Health 〜健康診断のオンライン事前問診


→MORE

ビザ・レーベル(ラベルシール)とVEVOシステム

→MORE

   →次に進む


ワーホリ実戦講座 INDEX

1:ワーホリとは?近年の環境変化
1−1:グローバリゼーションの読み解き方とワーホリの新活用法
1−2:ワーキングホリデー・ビザの取得方法
1−3:二回目ワーホリ

2: Watershed(分水嶺)運命の分かれ道〜 あまりに高い言葉と文化の壁
3.初期において「やる気」を「経験」にエクスチェンジすること
4.サバイバル力養成実戦講座 あしたのために〜その1(バスを制覇せよ)
5.サバイバル力養成実戦講座 あしたのために〜その2(地図を入手せよ)
6ー1.サバイバル力養成実戦講座 あしたのために〜その3(携帯電話を入手せよ)
6ー2.サバイバル力養成実戦講座 あしたのために〜その3(携帯電話編 その2)

7.シェアを探そう〜100%英語環境でのシェア探しがなぜ成功の第一関門になるのか?
※↑関連シドニーシェア探し入門を参照

8−1.仕事をしよう(その1) 仕事の効用 
8−2.仕事をしよう(その2) 仕事の探し方 日系〜ジャバレス編
8−3.仕事をしよう(その3) 仕事の探し方(2) 日系その他編、ローカル編
8−4.仕事をしよう(その4) 英文履歴書・実戦例

9−1.ラウンドのススメ(その1) 
9−2.ラウンドのススメ(その2) 
9−3.ラウンドのススメ(その3) 宿について
9−4.ラウンドのススメ(その4) 一人旅、車の旅

10−1.2年目ワーホリの難しさ(その1) 
10−2.2年目ワーホリの難しさ(その2) 「ワーホリ定食」論
10−3.2年目ワーホリの難しさ(その3) ゼロベースからの自家製メニュー
10−4.2年目ワーホリの難しさ(その4) 余談(自分の場合)と結語