1. Home
  2. 語学学校研究
  3. ワーホリの部屋
  4. 体験談
2015年06月03日


留学体験記 成澤圭佑さん

 2013年11月渡豪〜2014年11月帰国


はじめに


ええっと何から書こうかな、もう2年以上体験談ほったらかして“よし次の休みで書こう”って思っても面倒臭いのもあって(田村さん大変すいません)書いてませでした。

でも田村さんもおっしゃっていましたけど自分は逆に遅くなって良かったと思ってます。
いろいろあって日本に来てからの方の話もあるので(ほんとそっちのがいろいろあるかも)。

話がまとまるかわからないですけど自分なりにつらつらと書きたいと思います。

Introduce myself
初めまして、成澤 圭祐と申します。嫁と娘がいます。

19歳(現21歳)で一括パックに申し込みし自分の力を試しに行きました。

それまでは一般の人たちと変わらぬ道を行き、大学行って就職してっていう王道が自分の未来構造でした。
ただ中学生の時から人とはズレていたしその場にいるのが辛くてしょうがなかったです。

が、大きくは福島の原発から変わりました。
大学の夏休みにそのことをトコトン調べて行った結果イルミナティまでたどり着き世界の流れまでしることができました(まぁそれは置いといて)。

一年間大学生をやりつつ、毎日何かがひっかかって生きていました。

だから親にもういけん!ごめんなさいと謝り、まずは日本のWWOOFに行き外国人と触れ合いなんとなくのかんじでラリアッティーに行くことに決めました。

4月の21か22日に親の見送りのもとワクワクしながら成田空港へいきさっと親と別れ入国審査へ

(記念にと両親が写真をパシャり)

First day

飛行機に乗ること9時間ビューっと、シドニーに到着!!!


まずはじめにMY MULTIを買おうじゃないかってなりますよね、ほとんどの人、
(注:彼の場合は一泊パックの自力オプション〜自力でウチまで来たら一泊無料に挑戦)

でもなんて言ったらいいか分からず、
とりあえず『マイマルチ プリーーーーーーーーズ』って言いました、けど全く持って通じなかった。笑
(巻き舌で英語風にしてやったぜって思ったけど実は間違ってたのを後日知り、ちきしょーってなりました。)

マイマルチとか完全和製英語てかもう日本語の発音だし。

次は『マイモウティーー プリーーーーーズ』ともちろんpleaseの巻き舌はまだ彼は知らなかったので自己満の世界に入ってます。
相手もアーーーーンっみたいな感じだったけど、なんとなくわかってくれたらしくマイマルチ1とか2とかみしてくれてから買えました。(田村さんからのメールの中の文章で把握できてたのが良かったです)

次は改札通って電車におりゃーって乗り込む、まちがってないかしっかり確認してQVBを目指して出発ーー!!

そこで日本でもアナウンスがあるじゃないですか?『次は〜◯◯駅〜って』あの車内アナウンスが全く分からなくて、めっちゃ必死で聞き取ろうとするけど全然無理〜笑
野球小僧だったので勉強とか、ね。(ただ甘えてるだけだけど)

『ガタンゴトーン、ガタンゴトーン』
QVB Stって聞こえたぞここだーーー!(注:Townhall駅でQVB駅なんかないっつーの、マニュアルに書いておいたでしょ)
って降りたらCENTRAL stでした。笑 
次は〜QVB st って聞こえた(言ってないって(笑))のを間違えたと思うのですが気づいたのは改札の手前でした。

戻って電車に乗り今度は本当にQVB st。
ヨカッタヨカッタって思ったのもつかの間改札にマイモウティ通したらでてこない・・・・あれ!!!!

おいおいやめてくれよ。それ高いのに・・・
とりあえず駅員さんの(chinenseっぽいおばさん)に『ticket here』的なこと言ったら、ナイヨ的なこと言われたと思うんだけど、そしたら、シッシみたいにされて、ちょっと待てよと。

とりあえず、おばはんと格闘して機械の中みしてもらったら、ありました。。。
そのあとは無事に田村さん家までたどり着きましたが初日から、自分にとっては刺激が強かった。

感じたこと。受身だけで行こうとすると足元すくわれるなって思いました。
別に英語わからんくても言いたいことを伝わるまで伝えないと。それがコミュニケーション能力なんだと、、、

LOOK FOR THE ROOM

アプラックでおなじみの部屋探し、同期のYui Okumuraさんと一緒に行動し

二人で道に迷ったり、おっさんに道を聞いたりしてシェアハウスまで向かいました。
あとCampsieだったかな、その辺のケバブ屋さん最高でした。

そんなこんなで二人ともシェア先を見つけて無事に学校へ通う毎日になりました。

ENGLISH SCHOOL

語学学校は二つ紹介して頂いた中のSCEにしました。田村さんからはどっちでもいんじゃないの〜と言われなんとなく英語をしっかりやったほうがいいと思いSCEに決めました。

兎に角、勉強から逃げてきた自分もこれだけはしっかりやるぞっ!て決めていたが、全然身が入らず、元々いた根底の私はどこよって感じでした。

普通に楽しみたくて、英語もめちゃめちゃだけど、別にコミュニケーションもできてないけど、外人の友達の方が多かった気がします。

なんかノリだけで生きていたんだと最近になってふと思い出します。

半年たったあたりからは徐々に生活にも慣れ普通すぎる生活が続いていたので、昼の学校から夜の学校(イブニングコース)へ移動しました(たしか吉田さんが田村さんに家賃を払わないととかでお邪魔した時に、そのadviceを頂きました。)

夜の学校はmany many ブラジリアンでとても新鮮で昼よりも楽しかった思い出がたくさんあります。
オーストラリアでの生活が本当に楽しくなってきたのは実はここからだとも思いましたし。

WORK

仕事探しは結構簡単なことに見えて難しくて何度も電話をかけるのに躊躇していた時です。

同じ学校でアプラッカーの吉田さんに
『そんなもの上から順に掛けて行けやぼけぇー!』
って言われたのをきっかけに
あっ!確かに!
と思い、突然何かが入って自信満々に電話かけてました。

果敢な英語なのでジャパレスからのスタート、先ずは現地に慣れ同時に収入をと。

そこでは、半年くらい続いたが、夜の学校にするのでとやめて、今度は昼の仕事探しへ。
そこで登場するのが吉田さん!

なんか知らないけどいつの間にか仲良くなっていた吉田さんも夜の学校へ変えたらしくふむふむと話をしているうちに、仕事の話になり『お前仕事がないのか?紹介してやるよ』と言われすぐに仕事をget!

なんの仕事かというと軽天屋さんらしい(内装屋さん)。
全くもって知らない仕事なのでビクビクするとおもったんですけど、なんかその時には日本で自分の芽が潰されていたので、気付かなかったが動じない自分がいる。

昔だったら絶対にそんな未知な仕事やるまーって思うとこなんだけど、どうしてかそんな自分がいること、、、その方がびっくりしました(吉田さんに芽を出して頂いてたと私は思ってます。うん。1000%そうなんだけど。笑)

人生のターニングポイント(吉田塾)

最初は英語を勉強しにと放射能から逃げるためだけにきたAUSも徐々にそのためにきてるのではないと気付き、じゃー、なぜ気付いたか?と問いただすと

文中にも出てきていますが吉田さん(吉田 佑紀氏)の行動、言動から学び吸収して、前の自分の壁というかマスクを剥ぎ取ってくれました。

一発目にあった時からポンコツだの、クソだのどーこーって言われましたが別に腹も立ちませんでした。

逆に『こんなに正直に言ってくれるんだ!、なんだかんだ言ってもそれだけやることやってるし!』

すぐには、仲良くなれず、3ヶ月くらいしてからクラスが一緒なのをきっかけに、何故か子分のような形でというか知らない内に常に吉田さんの横にいました。

そこからまた、3ヶ月くらいたったある日飲みの席で『彼女をまず作れ』みたいな話になり、ちょうど余裕も出てきてそっちのことも考えるようになりました。

が、しかし学校を夜コースにして女の子が減り、うわーと思いつつ1、2週間が過ぎた時、田村 梨衣氏(アプラッカー&現嫁)が夜コースに入ってきてここだろー!と思いアタックに入る。(前に一度デートに行っているが本人はただ普通に友達感覚で遊びに行っただけだと思っていたらしい)

そんで吉田さんと飲みに行くたんびに『お前ら子供作れや』と言われ、そんなんできっこないでしょとその場では言ってましたが、いけるんじゃないとも思いつつ、なんやかんやで梨衣氏を捕獲成功して付き合うことになってから一週間程でまた、吉田さんが『お前ら一緒に住めば』と。。。

その日の帰り道じゃー、一緒に探そうやってことになり付き合って2週間で同棲生活へ。

その時すでに帰国まじかだったので一ヶ月ちょい住んでみて、
『あっ!』この人とこれから先一緒に生きると直感で判断し、梨衣氏をAUSに残し帰国。

じゃー、自分がこれから何をするか?
こいつを食わしていけるようになるために手に職をつけようと思い、料理学校へ進学することに決めました(視野が狭かったなとあとあと思い返した次第です)


COME BACK TO JAPAN

日本へ帰ってきたのが12月頭ですぐに広島の某料理学校へ面接に行きました。

何故広島か?
梨衣氏が某広島の大学だったので、やっぱり好きだから近くにいたい。
ただそれだけ。
料理は好きだったのでと単純明快。

4月、いよいよ新生活だと広島へ乗り込んだ。
何日かして梨衣氏から一通のメールが届く、
『妊娠した!』と。
なんだか動揺してる自分がいないし、
むしろ二人で喜びました。

でも、こりゃー嵐がくるなーと思い、
しかも今まで体験したことのない大嵐。

挨拶に行く予定をゴールデンウイークに設定して、
まず梨衣氏の実家へ(和歌山なんですけど)。
夜八時頃に到着、ビビりながらも実家へ突入し、状況を説明しました。
勿論、大雨が降りました。
雹も降ってたかも。

その日は、向こうの両親も頭の中グルグルで整理がつかないとのことで(普通そうなりますよね)、一時退散となり、終電に乗り近くの漫画喫茶で一晩泊まりました。

翌日は私の実家へ行き、同じように状況を説明して。
まぁお怒りで。

勿論私たちも産もうと決定したので一歩も引かなかったのですが、
両方学生でしかも親に面倒見てもらってる中でのことだったので悔しい想いと申し訳ない自分がいました。

そして待ちに待った娘の誕生。(架純)ほんと、涙出ました。
『実は寝坊して新幹線に乗り遅れ、出産の立会いができなかったのは内緒だけどね』

そんなこんなで某料理学校も卒業し、これからこいつらに飯を食わしていくんじゃーいと思った矢先、、、就職してまだ2週間なのに家庭に笑顔が消えて、それでも己が決めた道だからとやせ我慢で日々を過ごし低給料でもこれからだと自分に自己暗示をかけ、やっていこうと思ってましたが、とある飲み会(吉田さんに誘われて)でその話題になると皆さんに『それはない!』『早く辞めろ』『嫁と娘を幸せにしてなんぼだろ』 。

一瞬で自分の間違いに指摘していただき皆さんに本当に感謝しました。
ただただ、未来のことだけを考えて嫁と娘を不幸にしていた自分に腹も立ち、
翌日昼までは仕事に出ましたが仕込みの最中に涙がこぼれ落ちてきたのでここまでだなと思い、
その日の昼休みに辞表を提出。
次の仕事も家もすぐに決まり助かりました。


仕事は吉田さんつながりの内装屋さんに拾ってもらい、
家は平屋の一戸建てこれもまたサイコーのタイミング。

今は吉田さんと一緒に仕事に行き、毎日『お前は使えん』だの『センスないわ』と言われています。笑

最後にAPLACの一括パックに申し込み田村さんと繋がりができ、わたくしの師匠吉田さんに出会い、嫁の梨衣氏に会い、日本に帰ってからもそんな出会いがあり、その全てに感謝しています。 
I LOVE FAMILY
『人間100対100でぶつかり合わないとつまらん』

以上ご清聴ありがとうございました。


補充質問

この体験談だけだと、なんか途中からずっと吉田さんの指示で動いて人生決めてるっぽい感じに読めてしまうのですが(笑)。これじゃ吉田さんと知り合うためにオーストラリアに行った、極端に言えば吉田さんに出会えれば別にオーストラリアなんか行かなくて良かったってことにもなりそうなんだけど(笑)、もちろんそんなことはないわけですよね。オーストラリアであれこれ体験して自分が耕されて、それで吉田さんと付き合えるようになったし、言うことの意味もよくわかるようになった、また言う内容を尻込みせずに実行できるようになったんだと思います。

で、ここでお聞きしたいのは、今現在のあなたが成り立ってるための栄養分(「吉田的な世界」を咀嚼できるようになった基礎体力作り)です。一連のオーストラリア経験のうちに、何がどう現在につながっているか?です。個別に聞きます。

(1)まずは、オーストラリアという国、社会、風土、雰囲気、人々
 ざっくりしてますけど、これが東京だったらこうはならないとか、こういう人たちに囲まれてたから〜ってのはあると思います。そんなに正確じゃなくてもいいから、ぽんと思い浮かぶのはどんなことですか?最初のマイマルチ・ショックで、「あ、自分をがーんと出さなないとダメなんだ」って気づいたとか、そのへんのこと

(2)APLAC
 被曝回避と英語だけだったら、普通のエージェントに普通に申しこむといのもアリですよね。そこを、ちょっとディープっぽくてとっつきにくいAPLACとか僕にしたのは何故ですか?そして、今回こうやってメール交換する長い付き合いになってるわけだけど、僕やAPLACはどういう影響を与えてますか?

(3)梨衣ちゃん
 単に吉田さんに言われて突撃して捕獲できたから(笑)ってそれだけのハズがなくて、やっぱ彼女の持ってるサムシングがあなたには凄い巨大なものでありつづけているわけでしょ?それって何でしょうか?

(4)オーストラリアで出会った人々
 語学学校の知り合いとか、APLACつながりとか、シェア先の人とか、仕事先のひととか、思い浮かぶ範囲で

(5)広島という場所
 関東からぽんと広島に来て、広島という場所がもたらすパワーというか、得られたものってありますか?

*****************

 以上が第一問で、第二問があります。
 これがディープなんだけど、成澤さんって会って話す分には、すごい繊細で、死ぬほどよく気配りができる、「どっぱーん!おっしゃああ!」みたいなタイプじゃないでしょう?しかし、文章になると突如人格が変わったかのように「どっぱーん」になって、実際の動き方も骨太にそうなってる。なんでそうなるの?です。そこにギャップがあるというか。

 もともとは凄い繊細な感性をもっていて、考えこんだり思いつめるタイプではないかと思われるのですが、ただ考えこんでも現実は変わらないわけで、とにかく動かなきゃいけない。書斎だけではダメで、行動もしなきゃですよね。でも先天は書斎なので、そこは意識的に、行動的な自分、「どっぱーんな自分」を頑張って作り上げている感がするのですよ。自分に叱咤してるというか。そしてそれは成功している。動くほどに、結果を出すほどにそれが身に付いていってる感があります。

 とまあ、そう見えるんだけど、まずそういう見方というのは、自分ではどうですか?そういう自覚ありますか?
 次に、誰でも大なり小なりそう思うんだろうけど、普通そんなに成功しない。こういう自分であろうとは思うんだけど、そうそうなれるもんじゃない。でも、あなたは比較的それが上手く出来ている。なんで成澤さんの場合、成功するんだろうね?これ、そのあたりの秘訣とかありますか?自分ではわからないかな?それが上手くできない人に(なろうとする方向に全然進めない人たち)になんかアドバイスとかありますか?

-------------------

 3つ目は宿題です。これは自分がやるのではないので安心して。
 吉田さんと梨衣ちゃんに、それぞれ「成澤というのはこういう人」という人物像を書いてもらってください。別に一行でもいいし、千行でもいいし。あるいは書くの面倒だったら、録音してMP3ファイルを送ってくれてもいいです。

 以上です。結構面倒くさいかもしれないけど、意味のある問いかけだと思うので、頑張って〜。


おはようございます!成澤です
遅れてすいませんー!
書き終わりました!要点抜けまくりでしたね。足らないとこをカバーして頂きありがとうございました。
宿題の書類も梨衣氏からもいただきました。添付します。


>まずは、オースト ラリアという国、社会、風土、雰囲気、人々

 空港降りてからの人々《多民族国家》の中でもオージーはとても親切でした《だからといってオージー以外の人でも親切な人はいくらでもいますが》。

 飛行機の中でも確か隣はオージーカップルだったと思いますが、「私たちがよく行く教会だから、暇があったら連絡して」とか言っていただいたりして。《たぶんそういう意味だとおもってたのですが。なんせ英語なんて全然だったもので。笑》
 日本からどこかを経由してきたのですが、日本から出てきたときは、日本人が隣でも話はしましたが、お菓子分け合うとか、よくわからんけども(この国はね〜)とかなんか初めて出会ったのになんか凄い親近感湧くなーと思いました。

 あと1番は、ほんと「言いたいこと言わないと死ぬな」って感じたことです。
 マイ・マルチの事もそうですが、仕事上にしろ、学校にしろ同じでした。
 日本人は基本的に受身体質なので《自分もそうでしたが笑》相手に言いたいこと言われてそのまんまってのが多いと思いました。なので兎に角、自己主張をするように心掛けていました。

>APLACとか田村さん

 渡豪前に兎に角、エージェント探しをしました。
 ですがいろいろ見てもさほど大差なく、英語学校へ行き、ホームステイしてって流れが作られて飛行機のチケットまで確保してくれるという。これが普通なのかと思っていたら、APLACを発見!エッセイを少し読み、なにやら一括パックという不思議なモノ。
 APLACのHPをみた時に(面白いそうだなぁ〜)と思い、一括パックの申し込みのため田村さんへ連絡。《何か他とは違う何らかを得られるんじゃないかと思ってました。面白そうってのもそうですが、田村さんに会って見たかったです。》

>こうやってメール交換する長い付き合いになってるわけだけど、僕やAPLACはどういう影響を与えてますか?

 自分が自分に気づき始めたって言ったらおかしいですけど、田村さんが居なかったら、APLACがなかったらと思うとゾッとします。

 海外に出るって結構勇気がいると思うんです。1人だったら、なにもできていないですから。
 そこで、後押しじゃないですけど田村さんがいる。一括パックがある。ってかなり勇気湧きました!

>梨衣ちゃんについて。彼女の持ってるサムシングがあなたには凄い巨大なものでありつづけているわけでしょ?それって何でしょうか?

 梨衣氏に初めて会った時は、確か学校見学に来ていた時だと思うのですが、その時はまだ何もなく、何時しか友達になっていました。《夫婦で話しても未だにいつから友達になったっけって話ししてます。笑》

 気になり始めたのは、出会いから3ヶ月後辺り、、、何かぽわわわ〜んとしていてなんなんだこの人は《田村さん云くピンクのゴム毬》。
 この時、周りにいた日本人の友達に相談して、デートに誘うことを決意しました。
 本文でも書いてある通り、当の本人は、デートだと思ってませんし、私がそういう雰囲気を作り出せなかったのも未熟でした。笑

 梨衣氏は、兎に角素直さが凄いと思いました。ここまでそう人は持っていないなと。感情の起伏が激しいってなんのって。笑
 その節は、田村さん始め吉田さん、多くの人に救って頂いたみたいなのでとても良かったです。でもここまで正直にやってくれると助かります。《私が鈍感なので》

>オーストラリアで出会った人々

 オーストラリアでは韓国人や、ブラジル人の世界各国の人達と出会いましたが仲良くなるのは、韓国人でした!ウエスタンピーポーとも仲良くなっていたのですが、アジアンは、より短に感じ波長が合っていました。

>広島という場所
 関東からぽんと広島に来て、広島という場所がもたらすパワーというか、得られたものってありますか?

 広島にきてから、凄く人に恵まれてます、それがパワーになってると思うんですけど、その方達は吉田さんの紹介のもとお会いすることが出来ましたが、これまた仰天!「間違ってることは、間違ってる」とズドーーん、言ってくださる人達で、いろいろ筋も通っており、この出会いがあったから広島にいるんだなと思いました。
 他には、広島風お好み焼きからパワーを頂くことも(笑)


>これがディープなんだけど、成澤さんって会って話す分には、すごい繊細で、死ぬほどよく気配りができる、「どっぱーん!おっしゃああ!」みたいなタイプじゃないじゃん?でも、そういう生き方をしているし、文章になると突如人格が変わったかのように「どっぱーん」になってるんだけど、なんでそうなるの?です。そこにギャップがあるというか。
 そう見えるんだけど、まずそういう見方というのは、自分ではどうですか?そういう自覚ありますか?

 自分に叱咤はしてると思います。
 そうしないといけないという状況でもありますし、日本がこれからも洗脳され、資本主義で、放射能バンバンで有る限り、もう国外脱出で決まりです。

 オーストラリアにいって我に帰ったじゃないですけど、「もう自分出てこいよ、このままだとダサいよ」と。
 我を偽り続けていたことにつくづく飽きていました。

 そういう場がなかったのもそうですし、自尊心が全くなかったと思います。
 たぶん人に嫌われたくなくてとか良く見せよう的なモノが頭を常によぎっていたからそういった自分が創り出されていたと思います。

 でも、ほんとの自分に戻ってからは(ほんとの自分って可笑しいですけど笑)、なんか気が楽になってます。
 100人友達がいたら、100人友達じゃなくていい、気があう人2、3人の方がよっぽどいいと。十人十色なんだと。それと同時に自尊心が湧いて出てきました。理由はわかりません。変な自信です。笑


>なんで成澤さんの場合、成功するんだろうね?これ、そのあたりの秘訣とかありますか?自分ではわからないかな?それが上手くできない人に(なろうとする方向に全然進めない人たち)になんかアドバイスとかありますか?

 上手く出来ているか、というかほんとの自分を取り戻したって感じです。
 「自分には、影がない!っことで旅に出ておりゃーってやって取り返したぞーっ」て感じだと思います。笑

 人に恵まれていてそれだけは幸運だと思いましたし、その場を提供して頂いた田村さん、吉田さんに感謝です。オーストラリアに行き、広島来て良かったです。

成澤

梨衣氏の証言

田村さんお久しぶりです^^ 梨衣です!

成澤圭祐とは、、、??

ずっと一緒にいても普段は考えないので、いざ文章にするとなると難しいですね。でもせっかくの機会なので頭を使って考えようと思います。

どういう書き方がいいか分らないのでとりあえず書いてみます!笑

思い返せば、彼は、無知だった私に日本の問題やら裏側があるということに気づかせてくれた人です。
彼のおかげで、自分でいろいろ調べるようになりました。それから教師になる路線からは外れていきました。笑
もともと彼は3.11の時から食とか生活用品などに気を使っていたので私も気にするようになり、子どもがアトピーでさらに気にするように。 
調べればでてくる身の回りの様々な情報を見ると、彼と出会っていなかったら知らずに過ごしていたと思うとぞっとします。


最初はかわいい弟みたいな感じに思っていたんですけど、付き合いだしてから私の心の拠り所になるくらい(言いすぎかな?笑)しっかりしているように見えたんです。

けど、なんか私と付き合いだしてからお金のこととか?しんどくなってしまったみたいでその様子を見て私は「あぁ、この人を支えていかんとなぁ。支えていきたいなぁ。」と思ったのです。
吐いてしまった彼に水を買ってくるよ!と威勢よく走って行ったのはいいが、財布に20セントしかなく1ドルの水を買ってあげることができず、けいくん!お金ない〜と真夜中に叫んだ私ですin Burwood←彼に言わせれば「普通に飲みすぎてしんどかっただけよ」らしいですが、私の心が動いた思い出なので私なりの解釈をしっかり心にとどめておこうと思います。笑

 行動力があってうりゃぁ〜と突き進むんですけど、家族ができて頑張ってくれている反面、不安やプレッシャーもあるのでそこは気持ちの面でささえていきたいと思うんです。
というのも、料理の道に進んだものの、働き始めて2週間でやめて(幸せを手に入れたと私たちは思っているんですけど)、その時は結構不安と闘っていたみたいなので(本人は見せないんですが、伝わってくるんですね。)。彼ができることと私ができることを補い合って進んでいこうと、時折考える機会にめぐまれてます。笑

そして吉田さんの後押し?というかアドバイス?もあり、一緒に子育てをする方向に進んでいったのですが(笑)、彼が広島に来て妊娠が発覚してから一緒に住み始めたんですが、もともとそんなに深くお互いを分かって結婚というわけではなかったので(笑)、新たな一面を見るのは楽しいです。

なんかよく分らないんですけど、全く違う人間なんですけど、波長が合うというか、進んでいる方向が一緒というか、話が合うというか、うーん。なんなんだろ、この感覚。と書いていたら分かりました。

彼は、彼の行く場所にどこでも連れて行ってくれるんですね。
これはシドニーで吉田さんが、夫婦でどこでも一緒に出掛けて、一緒に人に会って、一緒に家計のお金とかも計算して、一緒になんでもするのがいいと私たちに言ってくれたアドバイスに起因するんですけど、彼が行く場所には私もついていくようになって、私が行く場所にも彼と行くようになって、(今は娘も一緒です)、同じものを見て、同じ人に会ってるから話が合うんだと思います。

特に最近は吉田さんのつながりで知り合えた人たちのおかげで私たちもビジネスを考えていかんとという方向に進んでいるので、子育てに加えて、日本の現状?将来?のこと、ビジネスについて話すことが増えました。進む道を一緒に考えることができるのは嬉しいです。

彼は私に好きなことをやればいいよと付き合いだした時から言ってくれます。
今でも言ってくれるし、これからも言ってくれるんだろうと思います。

私は「バッテラ理論」(注:彼女の体験談参照)でもあったように親の影響をもろに受けていたんですけど、彼は精神的には親から自立していて、親が何を言っても、自分は自分、というのをしっかり持てていたんです。
でも身内の人たちに感謝の気持ちを持っているし、すごく大切に思っているのはすごく分かります。
そういうところも自分にはないところだったので惹かれたんでしょうね。今思えば。

成澤圭祐とはこんな人っていうのはまだまだあるんでしょうけど、今私が思いつく限りでは(書ける範囲では)こんな感じです。道はまだまだ始まったばかりなのでもっと彼について理解を深めていこうと思います。笑

的外れなことを書いていたらすみません!子どもを連れて田村さんに会いに行きたいです。ではでは!
成澤梨衣

吉田氏の証言

ご無沙汰をしております。って掲示板ではいつもお世話になっております。
吉田です。

成澤ナルゾウ君から聞きまして、彼のことを文章にしなさい。とのことですよね?

ナルゾウの印象ってことですかね?
なんとなくそういうことかな?で書いてみます。

成澤君。出会った当時ははっきり言って印象薄です。
その辺の兄ちゃん。印象薄いから適当なあだ名でも付けとこうっと。

いつの間にかよく傍にいるようになってましたね。

なんだったか、恋愛系の相談でもないけど、当時住んでた韓国人シェアメイト達と感覚的には同じノリで、もっとアグレッシブに女を口説け!みたいなこと酔っ払ってけしかけてたと思います。これまた、ナルゾウも飲めない酒を飲んでグデグデになりながらも、突撃!玉砕!突撃!玉砕!みたいな 笑

なんか、根が真面目なんですかね?笑 冗談半分を本気90%ぐらいで受け取るんですよ。笑
私は「面白いヤツだな〜」って感じで、しょっちゅう、ことあるごとに、いじってた。それが彼のためになってたのかはさっぱり解かりません。笑

いつの間にかなんですよ。ほんと。波長が合うのか、適当で軽薄で、直感型なところは丸かぶりなんですかね〜。いや、ナルは軽薄じゃないですね。

で、もう一方のリエチャンですが、彼女からも恋愛相談みたいなのは聞いてたんですよ、当時。そんで、何かいつまでたっても奥歯になんか挟まった言い方するのであれこれ問い詰めてみたら、まあ、色々と恋愛関係でしんどいこともあったとか無かったとか。まあ、世間では普通の話なんですけど、本人にとっては悩み事で。

ナルが何回目?何人目だったか?「リエチャンは今度こそは本気なんです!」っていうので、じゃあ、お前、もしリエちゃんがこうだったらどう?気持ちは揺るがんのか?って確かめてみたんですよ。まあ、あることないこと言って、例えばこうだったらお前どうするよ?とか揺さぶってみたら、、、、

私は今時のナルゾウのリアクションが忘れられません。
何を言っても即答で背筋伸ばして、私の眼を見て
「関係ないっすよ」って笑ったんです。
えーそんな顔できるの!?カッコ付けでもなんでもなく本心でいってんなコイツ!
私は私自身が小さい小さい器なんだってことを痛感したし、目の前に居るこの少年はタダもんじゃない器をもってんじゃないか?と一瞬尊敬してしまいました。笑
私がしょーもないというエピソードですけど 笑

そこからは、ご存知の通りです。とんとん拍子?ですかね。笑

シドニーでも何度か、今も結局一緒に働いているのですが、ま〜腹立つぐらい要領悪い男です 笑
そこが愛くるしい感じもあり、心配にさせるとこでもあり、普通の20代の兄ちゃんですね。

でも、嫁も言ってるんですが、なんかどっかに「ゆるぎないもの」を持ってる雰囲気。なんですよ。
本人に聞いてもわかんないみたいだし、なんなんでしょうね彼。
大物感?みたいな。わけのわからん器感があるんですよ。なんなんでしょうね?
気配りとかは確かに。年齢にそぐわない感はあるけど、ま〜古風というか?
視野はひたすらに狭いこと言いながら、突然、鷹の目の目線な話を理解するんですよ。
なんなんですかね?笑
発展途上なのか?中間地点の目線がすっぽり抜けてる?弱いのか?経験が無いだけ?

なんなですかね〜?笑

とらえどころが無くて、不器用に振舞ってる姿は今しか観れない気がしてます。
大器晩成型なんですかね? 笑


こんな感じですかね。

とか、褒めてますが、今はひたすらに現実と闘ってますよ。しんどいと思います。

優しい言葉をかけてやってください 笑






★→体験談の成澤圭佑さんの紹介文に戻る
★→留学・ワーホリ体験談の目次に戻る
★→語学学校研究へ行く
★→ワーホリの部屋に行く
★→一括パック現地サポートを見てみる
★→APLaCのトップに戻る