1. Home
  2. 語学学校研究ワーホリの部屋
  3. 渡豪準備のためのFAQ

お金の移動方法について




最初に脅かしておきますが、お金の移動方法論は難しいです。

@現金/ATC(トラベラーズチェック)/B現地ATMで、日本の口座(邦銀の日本円口座)から引出す、C第三者機関による送金サービス/DANZ銀行など、オーストラリア銀行の口座を日本で開設する/Eオーストラリア現地で口座を開設して日本から送金してもらう/Fクレジット利用、などが考えられますが、どれもこれも一長一短あります。

このページでは上の利害得失を執拗なまでに検討してますが、それだけにとっても長いです。全部読めたらエラいです。
そして、最終的な結論は、哀しいことに、正解なし!だったりします。

 ただし、「こんなのはいかが?」というモデルプランはあるので、それを最初に書いておきます。

 もしあなたの渡豪資金が100万円以下だったら、
クレジットカード+海外キャッシュカード(現地ATM利用)の二つが必須
あとはオプションでTCや口座送金等

 がいいと思います。
 もし、100万以上の資金があるなら、三番目のオプションを充実させる方向にするといいと思います。

 前口上は以上。じゃ、いきます!

目次

第一章:各移動方法のメリット・デメリット

第二章:総合判断 考えるべきポイントとミックス案

第一章:各移動方法のメリット・デメリット

@ 現金


 一般的にいってキャッシュは為替レートが悪いです。もちろん交換する場所や時によって違ってきますし、昔ほどメチャクチャレートが悪くなってるわけでもありませんが、それでも現金の方が有利という局面は滅多にないと思います。現金に関する唯一の長所は、とりあえず自宅の現金をひっつかんで飛行機乗れば良いという簡便性で、ほとんどそれに尽きると思います。

 例えば、東京三菱銀行の為替レート表を見てみましょう。最初にこのページを書いた2005年11月02日時点でのオーストラリアドルとのレートは、TCなどが88円なのに比べて現金はなんと96円。おおよそ10%違いました。その後、08年9月は85円/98円、2010年2月で83円/91円、2011年7月1日では88.54円/96.24円、13年1月16日では95.59円/103.29円、同年07月27日時点では93.84円/101.54円、14年03月20日時点で94.56円/102.03円、2016年01月18日で82.35円/90.05円でした。コンスタントに10%程度の差がついていることがお分かりかと思います。

 10%も違うということはデカいです。100万円につき10万円損するということですから。

 どうしても現金交換をしなければならなくなったら、シドニー現地ではピアモントにあるカジノの交換レートが比較的有利といわれています。それか後の述べるKVBもレートがいいです。しかし、一番良いのは、これから日本に帰る人(オーストラリアドルを日本円に換えたい人)と直接交換することです。銀行の中間利ザヤをカットできますから究極のレートです。そうそう都合よく出会わないとは思いますが、在住日本人の掲示板などによく「オーストラリアドル売ります」広告が出ています。「帰国直前の(&遣い残した豪ドルの始末に困ってる)日本人がいる場所」ですが、つまりはホテルやバッパーで、アクティブな人だったらシドニー中の(日本人のいそうな)バッパーに貼り紙をして廻ることを思いついたりもするでしょう(しかしその交通費を考えたら、?)

 以下のA〜Dについては、キャッシュほどのレート差はありません。しかし、手数料や利便性、安全性などで違いがあります。

ATC(オーストラリアドル建て) 〜2014年3末まで

 ※2014年03月末で、TCの発行元であるアメリカンエクスプレスは、日本でのTCの販売を終了しちゃってます。
 これで事実上日本でTCを購入する機会はほぼ無くなりそうですので、以下の記述はバッサリ削除しても良いです。

 ただし、海外では未だに普通に使われていますし、知っておいても良いメリットもあるので、一般知識として下記に残しておきます。ご興味のある人はクリックして読み進んでください。

→続きを表示させる
オーストラリア生活心得: Always, Ask!〜アテにならない現場

 関連して述べます。
 オーストラリアの生活常識としていえば、「全てが一律になってると思うな」です。末端窓口での実務はびっくりするくらいマチマチで、同じ銀行に同じ日に行っても窓口担当者が違うと言うことが違うとか、日によって違うとか、支店によって違うというのは良くあります。転職社会のこちらでは皆さん職務内容を正確に把握していない。だからネットで情報を得て現場に行ってみても、その通りになっていないケースがよくあります。また、今日通用したことが明日も通用するとは限らないし、同日同所であっても窓口の人が変わったらもう言うことが違います。さらに、こちらは万事腰が軽いので、驚くほど簡単に規則も変えるし、支店の引越もします。もうアメックスの交換所なんかどれだけ引越してるか。また頻繁に変えるくせに周知が不徹底だから、スタッフの言うこともバラバラになる。

 ゆえに実戦のコツとしては、 always ask!です。まず聞いてみろ、です。TCのケースで言えば、交換手数料は"fee"とか"charge"、無料は"free"。TC現物を見せながら、"Do I have to pay any fee? or for free? free of charge? "とか言ってれば教えてくれます。で、「無料だよ」というところ(人)でバシッと交換しちゃおう。

B 日本円口座からのATM引出(海外キャッシュカード)

 その昔は、Citi Bankのウリだったのですが、多くの邦銀でも出来るようになり、そしてまた潮が引くように邦銀が撤退しています。

貸金決済法と邦銀のベタ降り傾向
→続きを表示させる


 このメリットの第一は、何といっても利便性です。
 オーストラリア現地のATM、殆ど全てで利用できます。なにもシティバンクだったらシティバンクの支店に行かねばならないわけではないです(手数料がかからないから得だけど、シティの支店はものすごく少ない)。多くの場合PLUS、CIRRUS、VISA経由で下ろすのですが、ほぼ例外なくこちらのATMで受け付けています。

 シドニーのATMはメチャクチャ沢山あります。しかも全て24時間利用可です。
 びっくりするくらい至るところにあり(スーパーやガソリンスタンド、パブの中にすらある)、「オーストラリアのATMの場所」なんかイチイチ確認する必要なんか毛頭ないです。ウチの近所の小さな商店街にも最低7カ所はあります。ありすぎて数える気にもならない。ほんとに「いつでもどこでも」です。

 第二のメリットは作成コストがかからず、面倒な手続きがいらないこと。

 第三のメリットは、遣い残した分はそのまま円で残存してますから、再び円に戻す二重差損が発生しないことなどです。為替レートは、ATM利用時のレートになります。

 注意点としては、お手持ちのカードが海外で利用できるか、あるいは自分の口座が海外で下ろせる設定にしているかどうか、そのあたりの手続きは各銀行によって違いますので、十分に確認しておく事です。

 デメリットとしてはATM使用料が200円ほど取られること、及びATM使用の場合の為替レートが3-4%前後割高になることです。また、多くの場合1日の使用限度額(1000ドル程度)があるので多額の支払いには不向きであることです(何日も連続して引き出さねばならず、その都度大金抱えて緊張します)。

 使用料+レートやや悪は痛いのですが、最初の数千円単位の手数料(AのTC、Cの開設費、D送金手数料)のことを考えたら、何回下ろすかによって損益分岐点は決まってくるでしょう。非常に頻繁に下ろす人には割損になるけど、せいぜい十回未満だったらお得では?なぜなら、オーストラリアで銀行口座でATMを使っても、他店ATMだったら同じくらい料金を取られるし、口座の種類によってはカウンターでも手数料を取られたりします。さらに口座管理料まで月5ドルほど取られますから、ランニングコストは同じようにかかるからです。

 なお、現地ATMの使い方の解説は、生活体験マニュアル/お金について(1)外貨交換に書いてあります。
 意外と気づかない大きなメリットは、日本からの緊急送金に最も使えることです。

 もうこの一点だけで「一枚はもってこい」と言いたいくらいです。

→続きを表示させる

 結論的にいえば、「とりあえず一枚」くらいだったら、新生銀行でいいんじゃないかと。レート悪いけど(邦銀系よりはマシだけど)、即時にカードも渡して貰えるし(事前に支店に電話して確認するといい)。もっとも、新生銀行の場合、新規発行はその場でやってくれるのですが、紛失などで再発行を頼むと意外と時間がかかるようです。新生に限らず、カードを新たに作るときは、紛失再発行の手続や所要期間も調べておくと良いと思います。

 なお、新生銀行についていえば、2014年1月20日より海外ATM利用限度額を初期設定でゼロ(これまでは1日10万円)にしています。事前にかならずネットor電話で限度枠を上げないと、そのままの状態で現地に来ても使えません!詳しくは、【重要】海外ATM引出限度額の変更について参照。


 あ、それとカードとATMの相性が悪いときがときどきあります。新生とコモンウェルスとだったかな?常にそうというわけでもないのだけど、「ご利用できません」みたいな表示が出るときがあります。こういう場合は、あまり気にせずに別の銀行の別のATMでトライしてください。どういう法則性でどういう理由なのかまだつかめておらず、また河岸を変えたら即解決するので突っこんで考えてもいないのだけど、まあ「相性」ってのがあるのかね?って感じです。


 なお、次章で触れますが、「海外ATMで現地通貨を引き出せる海外キャッシュカード」といっても、各金融機関によって呼び名は千差万別です。「いい加減にしてくれい!」と言いたくなるくらいバラバラ。何が一般名詞で、何が固有名詞(商品名)なのか。「バンクカード」でも、一般の銀行のカードのことかと思いきや「株式会社バンクカードサービス」なんてのがあったりして(青森、横浜、沖縄などの11銀行が加盟=2014年段階)。あとは、クレジット一体型とか、プリペイド方式とか、オンラインディビットとか頭がウニになりそうです。結局、普通の感覚で海外キャッシュカードといえるのは、シティと新生銀行くらいしかないのかもしれません。まとめて次項に書きます。


→次に進む



 ★関連リンク = 予算・費用について
 ★関連リンク = 語学学校の選択の基準(その2)予算で選ぶ 語学学校の経費の構造
 ★関連リンク = 世界経済と留学/ ワーホリ3−1:為替の動きにどう対応するか

★→シドニー語学学校研究渡豪準備編に戻る
★→シドニー語学学校研究トップに戻る
→APLaCの総合トップを見てみる