1. Home
  2. 語学学校研究
  3. 語学学校・VISA論
  4. 語学学校の選び方


語学学校の選び方
序章:カタログショッピング的学校選びの危うさ



 最近は学校見学をして選ぶ人が多くなりましたが、ネットなどの留学情報を集め、見学をしないで決める人も多いでしょう。一種のカタログショッピングですが、学校というのはデジカメのような工業製品ではないので、データーだけで決めるのはお止めになった方が無難だと思います。出来ればちゃんと見て決めた方が良いです。

 と、抽象的に述べていても始まらないので、学校カタログショッピングで陥りがちな誤解データーの本当の読み取り方などを書いておきます。

 かなりディープな業界事情まで掘り下げて書いてますので、本来は「学校の選び方上級編」の原稿として書いたのですが、情報やネットの幻想みたいなものは最初に打ち砕いておいた方が良いと思うので、序章に持ってきました。あなたの賢いチョイスの参考になれば幸いです。

1.好意的な評価しか出回ってないこと

 その学校が出しているパンフレットやWEBでは、当然自分の学校の素晴らしさを強調するでしょう。当たり前のことです。
 では、エージェントさん等サードパーティが紹介している内容はどうかというと、これも自ずと制約はあります。僕自身、取材して書いてるから分かるのですが、いろいろ熱心に説明してくれたり、スタッフの熱意も伝わってくるような学校だと(多くはそうだが)、仮に欠点があったとしても、なんか悪くてよう書けないという心理があります。出来るだけ良いところを見つけて書いてあげようと。また、エージェントとしては、学校は大事な「商品」でもあるわけですから、経営上の理由からも「ここはちょっと、、」などと書けるわけもないです。

 僕はわりとアケスケに書いてる方だと思いますが、それでもかなり限界を感じてます。面と向って説明するなら、もっともっと言えるのですけど、公開のHPでは書けないし、書けるはずがない。下手に書いたら営業妨害にもなるし、その学校との良好な関係も崩れてしまう。難しいんですよ、的確に述べるというのは。不可能だと言ってもいい。

 そのジレンマがあって、僕の場合はHPに学校をズラリと並べてリストアップすることが出来ないでいます。シドニーの学校は60校以上あるんだから、枯れ木も山も賑わいとばかりにズラリと並べれば「在庫豊富」感も出るのでしょうが、出すとなればそれなりにコメントをしなきゃいけない。しかし、いい加減なことも書けないし、かといって正直に「とりあえず遊び半分に行くならこの程度でいい」なんてことも書けない。だからといってあまり露骨に沈黙しているとリストに載ってない学校はダメなのかという裏読みもされちゃうし、そういうものでもないし、、、そのあたりが未だに割り切れずにいます。

 評価や論評というのは、ネガティブな評価も同時に存在して初めて意味があります。ゆとり教育の通信簿みたいに、皆頑張った、順位をつけちゃダメとかやってたら適正な評論は出来ません。ということで、当たりさわりのない紹介文の一字一句を子細に検討してもあんまり意味ないです。あの紹介文だって、かなり苦し紛れに書いてたりするものもあるし。


2.特徴点の平均化と誇張

 語学学校というのは、煎じ詰めればテナント借りて生徒集めて授業やってるだけなので、同じと言ってしまえば同じです。それでも自ずと個性の差というは歴然としてあるのですが、それを一校づつ的確に取り出し、しかも上の制約によってエブリワンハッピーに書くのは非常に難しいです。したがってどうしても評価や描写の「平均化」=似たり寄ったり的な表現=が起きます。

 
立地/交通の便
 例えば学校がシティにあれば、どこであれ「交通の便が良い」と書きます。大体シドニーの学校で交通の便が悪い学校というのが例外的で、シティになくても、最寄り駅から徒歩5分以内でしょう。なぜなら都市計画法の関係で、ある程度便利なところ(商業指定地域)でなければ学校が入る商業ビルの開発許可が下りませんから。APLaCのように森の中の一軒家で私塾のようにやってるのは超レアケースであって、普通はどこでも交通の便はいいです。

 
人気
 「人気の学校」というのもピピ!という訴求力を持ちますが、人気が高いということは日本人比率が高いということでもあります。日本人だけではなく全ての国籍に人気があるのならば、改まって「人気」などと言うまでもなく単純に総生徒数の問題でしょう。

 また「人気」といっても「入口人気」と「出口人気」があります。入口人気は申込者が多いかどうかの問題で、出口人気は卒業生の満足度の問題です。僕らエージェントが扱うのはもっぱら「入口」です。行った人達がどれだけ満足しているかの「出口」は案外と分からない。APLaCは、体験談動画館などでお分かりのように卒業後の皆との接触が異様に濃密なので、フィードバックも多く、出口人気もある程度は分かりますが、しかし、それでも限界はあります。結局は一部ですよね。だから、本当に皆が満足しているかどうか100%リサーチすることは不可能です。意地悪な言い方をすれば、皆が行くけど皆がスカを引いているということだってありうるわけです。映画館での興行では大当たりだったけど、映画そのものの出来としては大したことが無かった、、というのと同じ事です。では出口人気はどうやって調べるのかといえば、例えば卒業生のクチコミ評価などですが、これがまたクセモノは後述します。
 
締め切り間近!
 「人気」と並んで興味を惹く「締め切り間近!」という文言も、J-SHINEとかケンブリッジなどの特殊なコースだったらまだしも、ゼネラルコースだったら普通はまずそんなことないです。むしろ、あってはならない。もしそうやって人数制限をしているのだとしたら、それは単純に学校のキャパが小さいということで、十分なクラス分けができているのか?という学校の基本機能に疑問があります。第一、入ってきた学生がどのクラスになるかなんて初日のレベルチェックをして初めて分かることであり、それ以前の段階で制限をかけているということは、全般的にオーバーキャパである疑いがあります。

 学校の人数&キャパというのは総キャパの8−9割くらいに自然と留まるのが適正で、そうでなければ生徒のレベルに応じたクラス編入が出来なくなる恐れがあります。つまり本来はレベル4が適正なんだけど、すでに満杯だからレベル3に入ってもらうとか、そういう場当たり的な人数合わせが行われるかもしれないということですし、そういう事例は実際にはわりとあります。毎週入学する学生達のレベルがキレイに平均で散らばってくれたらいいですけど、偶然あるレベルに異様に集中するということも確率的には無いわけではない。だから、クラス分けというのは学校経営で一番難しいところでもあり、ある程度のガタピシは不可避的に生じます。だからこそ、それを防ぐためにどれくらいのキャパ余裕をもっているか、です。

 
優秀な講師陣
 「優秀な講師陣」なんても同じで、オーストラリアで英語教師は掃いて捨てるほどいますし、就職は非常に難しいです。ある程度名の通った学校に就職しようと思えば、大学卒どころか大学院卒も珍しくないし、最低でも海外生活数年以上のキャリアがないとダメくらいの条件を出します。したがって、言ってしまえば誰でも「優秀」っちゃ優秀なんです。しかし、その中でもさらに差があるはずで、それをこそ知りたい。

 ところで、オーストラリアの教師は、労働法上の基準で等級が定められ、キャリアと実力によって等級認定がなされ、最低賃金が法律で決まってます。もし、全教師の名前とこの等級を情報公開してくれたならば、本当に優秀な講師陣かどうかある程度客観的にわかるけど、そういうことは普通しません。また仮にそれをしたところで、その業界の等級と、皆さんが感じる「良い先生」というのが比例するかどうかの保証もないです。

 ただ、別の箇所でも書きましたが、西欧人の仕事観からして評価はギャラのみで決まりますから、良い給料を払えば良い教師は雇えます。そのあたりはメチャクチャドライです。浪花節では働いてくれない。だから、授業料×生徒数と、テナント料、スタッフの数、営業経費などを差し引いて、、、という経営外観から逆算していくしかなく、そうなると、授業料が高いところの方が良い教師である比率は高いという、別に考えなくても分かるような基準しか出てきませんし、またそれで事実上大体合ってます。授業料が安いくせに「優秀な教師陣」というのは、経済原理に反しているので、辻褄を合わせようとしたら、とんでもなくビルがボロいとか、採算が合わないから実は倒産寸前ですとか、なんかないといけない筈です。だからといって、「講師陣の質には若干疑問が残るが」なんて書き方も出来ませんしね。

 それにそもそも、僕らエージェントだって、オーストラリア中の全ての教師を知ってるわけでもないし(顔見知りは何人か居るけど)、全ての先生の授業を受けたわけでもないです。だから本当のところは正直言って分るわけないです。それに毎週のように誰かが転職(学校を変える)してるわけで、リアルタイムには分かるわけがない。ということは、前述の授業料からの逆算と、あとは皆さんのフィードバックしかないけど、このフィードバックがまたクセモノなのは後述。


 かくしてどの学校でも似たり寄ったりの評価になっていってしまうわけで、そこに「平均化」が起きます。


 そして、その真反対の鏡像現象があります。
 些細な特徴を大々的に書くという「誇張化」です。これは平均化と表裏をなしていて、あまりにも似たり寄ったりの紹介文だと問題なので、なんとかしてその学校だけの特徴を探します。
 
ユニークなイベント
 例えば、その学校がちょこっとユニークな教授法や、ユニークなイベントをやってると、それっとばかりに書くわけですよ。でも、実際に通い出したら、そんな特徴はあんまり関係ないです。イベントだって、数ヶ月に一回程度だったら、結局一度も体験しないで終ることだってあるし、体験したとしてもわずか1日かそこらで、それほどのことでもない。

 
ユニークなシステム
 学校内で母国語を喋っちゃダメという、いわゆるEnglish Only Policyも、こんなことはどの学校でも気をつけています。いちいち「校則」という形で掲げるか、口頭で言うか、廊下に張り紙していくかの程度の差はあっても。でも、こういった校則を設けたからといってどれだけの実効性があるかです。校則はあるけど誰も守ってないなら意味がないですし、規則を生かすも殺すも人次第ですよ。かといってそれに守らせるために、トイレやエレベーターに監視カメラを設置するわけもないし。逆にやる気があったら、そんな校則なくたって誰も喋らないし、こと日本語に関して言えば日本人率が限りなくゼロの学校に行けば、喋りたくても喋る相手がいません。だからこの問題は結局後述の「学生の質」ややる気の問題に帰着すると思います。

学校で日本語を喋らない事よりも、ネットで日本語読まない方がよっぽど大事
 僕個人の意見としては、「校内で日本語」云々と英語力上昇とは、殆どなんの関係もないと思います。
 学校内で日本語喋らなければ英語が上手くなるほど英語は甘いものではないというのが一つ。

 第二に、そこまでして日本語を避けるならまず最初にやるべきは「ネットで日本語読むな」です。日本語問題は、せっかく作りかけている英語脳を日本語脳に引き戻されてしまう点ですが、これは喋るよりも読む方がダメージがデカいです。なぜなら、口語言語よりも文章言語の方が言語の複雑性やレベルが高く、日本語文章を読もうと思えば日本語脳をフルに立ち上げる必要があるからです。また熱心に読み込んでしまえば、廊下でちょこっと会話している時間よりも遙かに長時間接することになります。

 第三に学校以外の時間はどうか?です。日本人同士と暮らし、日本語が飛び交うバイト先にいたら、いくら学校で日本語を我慢してもその効能は薄い。逆に、シェアから何から全てが英語環境だったら、せめて学校くらいで日本語喋らないと発狂しそうになるでしょう。もの凄いフラストレーション溜まるし。人間というのは何かを強く思ったり感じたりしたら、それを誰かに言って吐き出さないと精神平衡がおかしくなります。愚痴でもなんでもひとしきりぶちまけるとスッキリするのはそのせいです。僕も来た当初はそうでした。毎日が新発見の連続だから、頭がパンクしそうになる。長距離ランナーにとって何よりもスタミナ配分が重要であるように、語学学習のように長期戦の場合、何よりもメンタル管理が重要です。しんどかったり、苦しかったりしたら勉強してるような気がするのは錯覚ですし、それは勉強のやり方がヘタクソだとすら言えます。同じメニューをこなすにしても、いかに楽に、ストレス少なくやるかです。その方が結局、長く、多く出来る。

 第四に、校内で飛び交う日本語がムカつく本当の原因は、「日本語を喋っているから」ではなく、「喋ってる人&内容にムカつくから」という場合が多いと思います。くだらないゴシップ話や、子供みたいな自己中視点で得々と喋られていると、「お前、真面目にやる気あるんか」と言いたくなるという。シリアスにやろうと思っているあなたこそ、そういう感情に襲われるでしょう。自分が我慢して勉強しているときほどそう思う。でも、それは日本語云々ではなく人の問題でしょう。だからそれは後述の「4.学生の質」問題です。同じ日本語会話でも内容がハイレベルだったら、ムカつくどころから刺激になるでしょう。例えば、いかにしてローカル仕事を得たかその体験談やコツ、上級者の超真剣でユニークな英語勉強法などは幾ら日本語で語られてもモチベーション上昇にこそなれ、腹は立たないと思います。

 第五に、英語でも喋ってもフラストレーション発散が出来る程度に英語力がある人は、逆に日本語を落とさないようにしてください。あまりにも英語環境だと日本語能力が落ちます。これ、意外と盲点ですけど、しっかり落ちますよ。現地在住十数年の日本人でも、あまりにも日常で日本語を使わないので、たまに日本語を使うと、寒い日に「今日は、けっこう”冷たい”ですよね」とか口走って(先に頭で"cold"を思いそれから日本語直訳する)「○○さん、終ってますよ」という実例もあります。日本語になると異様に要領の悪い説明の仕方になったり、漢字ボコボコ忘れたり。日本人が日本語ヘタでどうする?です。

 余談ながら大事なコトだから書きますが、あなたが将来海外で働きたいと真剣に思っているなら、あなたの武器は(盤石な手に職スキルを別にすれば)「日本語(&日本文化リテラシー)」です。「日本市場や日本人顧客に抜群の能力を発揮する」という点です。英語なんか出来て当たり前だから何の武器にもなりません。それは日本で就職する際の履歴書の特技欄に「日本語」と書くようなものです。じゃあなんで英語をやるのか?といえば、武器になる日本語を「売るため」です。海外での就活、当然のように行われる英文でのエントリー、英語での面接、職場での日々の英会話など、英語ができなきゃ武器になる日本語が売れないからです。

 ということで、ある程度上級者になったら意識的に日本語力維持・上昇に気を使ってください。「謹啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます」などの最低限の礼法に則った日本語ライティング能力は死守してください。二カ国語を喋る人をバイ・リンガルと言いますが、外国語を習得しているうちに母国語もダメになり、結局どっちもダメというのをセミ・リンガルというそうで、よくあるパターンですので、気をつけてください。

 閑話休題。でも、書く側としては「日本語厳禁」などのポリシーは非常に書きやすいんです。ということで、「特徴のための特徴」みたいなことが大々的にフィーチャーされる傾向があります。これは編集など文筆系の仕事をされていた人にはよくお分かりかと思います。
 
国籍割合
 学生の国籍割合や日本人比率ですが、これがまたアテにならんです。学校側の「公称」というのもありますが、こんなの時期時期によってかなり変わります。問題になるのは日本人比率ほか、同一国籍が50%を越えるような場合だけでしょう。つまり国籍が偏りすぎているという「排除の論理」としては使えるけど、国籍がバラエティに富んでるからという積極的なプラス要因としては使いにくいです。

 国籍はバラけていればいいというものではなく、上級クラス欧州勢VS初級クラスアジア勢という基本的な二極分化がどれだけクッキリしているか、あるいは中和されているかが一つのポイントでしょう。ヨーロピアンが半分くらいいても、ケンブリッジコースなど上級クラスをとってられたら、殆ど実際的には接点なく、自分のクラスは日本人しか居ないってこともあります。ここも、以前は日韓二食弁当状態だったのですが、経済的&就活的に一歩先にシビアになっている韓国人の英語力が相対的にあがって(また経済的にしんどいので外に出てくる財力不足もあって)、今では下にいくほど日本人だけが多くなる傾向があったりもします(ケースバイケースだが)。

 また、全体のレベル構成のバランスという視点もあります。初級〜中級までが充実してクラス数が多く、上級、EAP、ケンブリッジになると非常に少なくなるのか、どのレベルも比較的均等にあるのか、あるいは上級の方がむしろ充実しているのかという差です。これもどれが一概に良いのか言えませんし、プラスもマイナスもあります。例えば初級方面が充実していると仲間が多くて居心地は良さげなんだけど、上級者が少ないのでそのビギナーのぬるま湯世界で安住しやすいというリスクもあります。上級者が多いとやっぱり良い刺激を受けます。が、これも過ぎると肩身が狭くて「居場所なし」感になるかもしれず。そのあたりは見ないとわからないでしょうね。それに大きな学校だとよくキャンパスがわかれていたりするのですが、ワーホリ(非学生ビザ)はこっちで上級者はこっちと分類している場合もあり、そうなるとトータルのバランスは良くても、自分の日常生活では初級者ばっかりの生温かい環境になってしまうかもしれないです。

 さらに後述のように質の問題があり、日本人以外だったらいいかというと、チャラチャラ夜遊びしてるヨーロピアンや南米系ばっかりだったら居ない方がマシだったりもするわけです。どれだけ真剣にやっててくれるかが問題なんだけど、そのシリアス度を測るバロメーターもない。まあ強いていえば、掲示板に貼ってある学生ビザで出席日数不足で呼び出しを食らってる学生のリストくらいかな。また同じ日本人でも頑張ってる人が多い学校もあれば、単に友達つくりに来ているだけのカジュアル系が多い学校もあり、単に「数」だけでものを見ていると外します。だから、国籍が豊かでも「だからどうした?」って部分もあるわけです。でもそんな細かい、しかも毎週変わるようなデーターがいちいち入手できるべくもない。これって現物を見ればそこそこ分かるんだけど、データーだけで見抜くのはほぼ不可能でしょう。

 というわけで、こうやってイッコイッコ潰していけば、本当に判断の根拠になるようなデーター等は無いといっても過言ではないです。かつて半年間にわたってネットを巡回して目を皿のようにして読みふけり、ノート一冊びっしり書き込んで研究してきた人がいましたが、実際に見学したらそういったものとは全く無関係に決めてました。だって目の前にある現実が全てなんだもん。幾らデーターがそうなってようが、目の前の現実がそうじゃなかったら何の意味もないでしょう。なお一応見学の際にパンフレットももらうけど、誰もほとんど読みません。


3.コースやサービスの多彩さ

 英語学校の基本は、ゼネラル、IELTS(進学)、そしてケンブリッジの御三家がメインで、それだけ見てたらいいです。別の箇所でも書いたので簡単に済ませますが、これ以外にコースを設定してもいいのは、学生総数が200-300人以上の学校くらいでしょう。なぜかというと、各コースに十分なゆとりをもってレベル分け・クラス分けをしようとすれば、そのくらいの頭数が必要ですし、そのラインをクリアしている学校はシドニーの中でも数がかなり限られてきます。一方、学校で何かのコースを開設しようと思ったら、「希望人数が整ってから」というパックツアーの最少催行人員みたいな制約がかかります。希望者一人に教師一人、教室一つあてがっていたら経営的には大損ですから。だからパンフレットに書かれている「多彩なコース」は、「もし希望者が多くて経営的にペイするならやりますよ」くらいの意味だと思っていた方がいいです。絶対母数が少ない学校で、そんな変わったコースを希望する人数がどれだけいるか?です。これはビジネス学校でも同じで、日本で申し込んだのはいいけど、いざ着いたら規定人数に達してないのでそのコース自体が中止されたというケースも実例としてあります。

 それと厳しい言い方をするなら、日本人学生の圧倒的大多数は基本のゼネラル止まりで卒業でしょう。IELTSやケンブリッジまで行ける人すら、ほんの一握りです。そしてゼネラルから卒業できないなら、ゼネラルやるのが一番いいです。ただし、長期留学などで飽きてきたので、ちょこっとだけ気分転換にビジネスコースやホスピタリティをやる、というのはアリです。しかし、気分転換が必要になるくらいの長期(半年以上)を一気に申し込むのは、避けた方がいいです(実力が上がってきたら、将来展望も出来るし、学校に求めるものも変わってくるから)。

 あと就職のお手伝いとか、インターンシップとか、RSAとか学校さんも色々なサービスを提供していますが、これも決め手に欠けます。なぜなら、現地に来れば全部バラで取れますから。就職関係については、結局は履歴書の書き方/添削に尽きると思うのですが、これは通ってる学校の先生にやってもらえば済む話です。シェアメイトのオージーにやってもらった人もいます。インターンは、これを専門に扱ってる会社があり、学校経由でそこに外注に出すケースが多い。RSAやバリスタ系は、プラスアルファでも書いたように、もともとが半日程度のコースですし、幾らでも教室はあります。別にクサすつもりはなく、そういうサービスはあることは悪いことではないですが、そこを決め手に学校を選ぶよりも、もっと本体的な部分に注目されたらいいと思います。


4.学生の質(やる気&タイプ)

 「真面目な学生が多い」とよく表現されるところですが、これが一番厄介です。
 一応誰だって真面目に勉強する気でいます。そうでなければ安くもない授業料を払うわけがないですから。問題はそのシリアス度の高低です。超真剣に、もう生きるか死ぬかくらいの気合でやってるか、とりあえず皆が行くから自分も行く程度の気持ちなのか。

 今通ってる学校がイヤだという不満は、僕がお世話した人からはあんまり来ないけど(事前に徹底的に見学して、デメリットも全て教えてから入学するから)、人づてに相談を受けることはあります。その場合の一番大きな不満は、7割が学生の質であり、3割が教師やスタッフの質です。ほとんどが人的な問題ですね。実例で言えば、多少日本語を学校で喋るくらいだったらいいけど、ほとんどのべつまくなしで、しかも授業中でも日本語の私語ばかりで学級崩壊状態とか。8時半始まりでクラスに行っても誰も来ず(教師すら来ない)、10分遅れでやってきた教師とマンツーマンで授業やって(それは良い)、あと30分くらいしてから三々五々集まり、結局昼になっても半分しか来ない。午後になって遊びに行く待ち合わせ場所として学校にタムロしてるとか。まあ、本当にそうかどうかは現場を見てないので分かりませんが、その人の主観にはそう映っているということです。

 しかし、学生の「やる気」も、白黒クッキリ二極化しているわけではなく、やる気偏差値80から30までグラデーションをなしています。問題はそのトータルの値であり、且つ自分が入るレベルの状況です。あなたがシリアスラーナーで真面目な学校に行きたいと思っている場合、一番邪魔な存在になるのは、おそらく不真面目な日本人の存在でしょう。校内でぺちゃくちゃ日本語を喋られると、日本語だけに全部意味が分かってしまうし、また言ってる内容もあなたからみて下らなかったりして、それがまたムカつくという。韓国人同士が韓国語でベタベタされてもムカつきますが、まだ意味が分からないだけマシです。同じようにヨーロピアン同志が固まっていても、今度はムカつくというよりは不思議と眩しく見えたりもします(^_^)。すごい差別なんだけど、でも現実問題として同じ日本人の質というのは結構大事でしょう。

 さらに日本人の質といっても、単に勉強を必死でやるかどうかという視点だけではないです。波長の差、タイプの差というのがあります。日本人と一括りにしてもその所属する部族は数限りなくあります。お嬢系もギャル系もヤンキー系もエリート系も体育会系も文化系もガテン系も、、、別に何が良くて何がダメってことはないのですが、誰しも自分にとっての人間環境的な快/不快のレシピーというのはあるでしょう。学校によって入って来る日本人のタイプが違う傾向がありますから、そのあたりがどう適合するかです。これは見学に行くと結構わかりますよ。「ああ、はいはい、なるほどね」って。

 それだけに、僕が学校紹介のカウンセリングをやるときは、学校の説明以上に、その人がどういう人かという点に力を入れます。通り一遍のことではなく、未知の環境に入っていくときに引っ込み思案で中々進めないタイプ(時間がかかる)のか、すぐに進めるんだけど楽しくなると勉強しなくなるタイプなのか。マイウェイで行きたいタイプなので、あまり同調圧力の高いところは鬱陶しく感じるとか。そして、もっと大事なのは「どうなりたいのか」です。打たれ弱い部分があるから、ここを直したいとか、これまで真面目に勉強というのをやってこなかったので、それをやれる人間になりたいとか。そのあたりのマッチングに一番気を使いますし、それを全部お伝えします。一括パックでは数日一緒に寝泊まりする場合が多いので、大体分かりますけど。

 しかし、こんな学生の質などデーターで見ても分からないでしょう。ただ、「日本人が少ない学校の矛盾」でも述べましたが、平均的な日本人を自負するあなたがネット巡回してて「おお」と思うような学校は、同じように「おお」と思ってる人が何千人も居るはずです。かくして類友になる。それを避けたい場合、ネットでの大雑把な判別基準は、エージェントの紹介ページだけではなく必ずその学校本家のHPを見ること(これは必須)、その上で日本語で作られたページが別途存在しているかどうかです。YESの場合、その学校にとって日本人は大口のお客さんってことでしょう。ちなみに世界各国語のページが作られているから安心とは思わず、全部クリックしてみるべきです。ボリュームや力の入れ方が違うとか。それで全て分かるべくもないけど、一つの目安にはなるでしょう。ただし、これも絶対ではないんです。マネージメントの観点(事務処理の正確さや誠実さ)から言えば日系資本の学校の方がいいです。だから日本語ページがあっても不思議ではないです。

 やる気の「持続」という点も問題で、最初はその気になってても段々低下していきます。結局は「やる気」というよりも、モチベーションを絶えず生みだし、持続し続けていけるだけの環境であり、その環境を構築できるだけの人間力次第という気がします。これはもう全編を通じて強調してますが、学校だけ行ってても英語の伸びは限界があります。学校40%それ以外60%くらいのレシピーで、学外活動を充実させねばならない。地元オージー社会にどれだけ入り込んでいけるかどうかです。これは技術の問題があるから、一括パックでも最初に徹底的にその技術は叩き込みますが、あとの半分は本人の資質です。リスクを考えるよりも好奇心が先に立つタイプであるとか、思い切って川を越えられるかどうかです。未知なものは誰しも恐いですが、そこで攻めに出れるか、守りに廻るかです。海外に向いてるのはやはり前者ですし、英語習得という意味でも前者です。やる気問題は、考えていくと結局そのあたりに行く着くのかなという気がします。

 こういった複雑な質の問題をどうやって見抜くかは、ネットどころか、実際に見学に行ってもかなりの洞察力を必要とします。まあ、直感で見るのが一番ハズレが少ないですね。

 以上、「やる気」というのは難しい問題で、判定するのもかなりの鑑定眼が必要だし、それを紹介文で的確に書けるか、さらにその紹介文からどれだけ推察出来るかというと、殆ど不可能だと思います。これも1と同じで、「やる気のない学生がチラホラ目立つが」なんて紹介文には間違っても書けないですしね。とりあえず学校に行ってる、とりあえずお金払って申し込んでいるというだけでも「やる気のある学生」という表現もできますし、論者がどの程度の基準で語っているかです。


5.クチコミ

 これがまたアテになるようで、アテにならないです。人の感じ方なんか千差万別ですから。

 普通、どんな語学学校に入っても主観的にはそこそこ満足されると思います。僕だってシドニー大学付属で、今だったらとてもオススメはできないけど、通ってる当時は「いいんじゃない?」って感じに思ってましたもん。そこしか知らなければそれが全てですからね。なんでハッピーに感じるかといえば、これは年齢が上がれば上がるほどそうだと思うのだけど、学校的なスチュエーションが久しぶりで、まずそれだけで楽しいですよ。仕事のプレッシャーから解放されて、責任もなにもなく、机並べて学んでればいいんだから天国みたいもんです。それに、日本人率が70%だって30%はガイジンがいるわけだし、それだけでも日本の生活からしたらエキサイティングですよ。とにかく比べる対象が「日本にいた頃の生活」だから、どんな学校だってそこそこは楽しくないと嘘です。

 しかし、ここで学校選択という意味でいえば、「学校だ(日本ではない)」というだけで満足しちゃうようなレベルでのコメントではなく、本当に欲しいのは、他校との比較におけるコメントなんだけど、そんな二校も三校も通って比較できる人はマレです。また通ったとしても、初期と後期とでは自分自身が変わってるから視点も自然に変わる。さらに本当に比較すべきは、「もし○○に通っていたら自分はどうなっていたか」という仮定の未来です。僕が自分の母校を客観的に見れるようになったのも、数々の学校を取材して、いろいろな可能性を知ってから、ああ、もしこっちに通ってたらこういう展開もあったよなあって思ってからです。この種の「失われた可能性」と現実とを比較するのはかなり難しいです。

 あと日本人の傾向としてハッピーなときはあんまり人にいいません。自慢してるみたいだし、気が引けるでしょ。逆に話が盛り上がるのはお得意「不幸ネタ」だったりするわけで、どうしてもネガティブ系の話ばかりが流通する傾向がある。かくして、学校が"Tetimonial"(証言、推薦)としてあげている生徒達は、いかに素晴らしい学校かを熱く語り、どっかの掲示板ではいかに悲惨かを熱く語る人がいたりして、どっちが本当かよくわからんということになるわけです。

 大体において語学学校で十分の収穫をあげている人は、さらに前に進んでハードな局面に身を置いて戦ってる筈です。ラウンドだったり、大学だったり、永住権獲得や職探しだったり。普通はそれにかかりきりで過去を振り返ってる余裕なんかないでしょう。あなた自身、自分が卒業した学校(大学でも小学校でも)のことを、どっかの掲示板で書き込んだりしないんじゃないですか?

 千差万別でいえば教師の評判もそうで、 自分が通ってるときも、僕からみたらいい先生だと思っていても、駄目だと文句ばっかり行ってる学生達も多かったですね。何がそんなに不満なのかわからんし、聞いても筋の通った不満だとは思えなかった。それに「クラスが楽しいかどうか」が基準になりがちだけど、「楽しきゃそれでいいんか?」という視点もあるんですよ。メチャクチャ楽しいけど英語が伸びないんだったら意味ないという意見もあるわけです。技術の向上というのは基本的には修行なんだし、体育会系の名門校の練習風景であったり板前修業であったり、やってる最中は地獄以外の何物でもなかったりするわけです。地味なこともやらなきゃ伸びないです。でも、片や楽しいときが一番学習効率が高まることも事実であり、この矛盾する要素をどうみるかです。超難しいですよ、この判定は。

 ということでクチコミもあんまりアテにしない方がいいです。確かにしょーもない先生も沢山いるんだけど、同時にしょーもない学生も沢山います。本当なら「なぜそう思ったのか」「この証言はどれだけ信用できるのか」をチェックしないと恐くて採用しにくい。あの学校はダメだと激しくいいながらも、よくよく聞いてみると「友達も皆そう言ってる」程度の根拠だったり。だいたい「皆」とか小学生みたいなことを言いだした時点で微妙な話になっていくのですね。「皆って誰よ?」って低次元の話になりがち。

 クチコミをどれだけ信じるかはあなたの判断次第だけど、他人の言うことを聞いて失敗しても、その他人は責任取ってくれないです。だからこの問題を一言で表現しようすれば、「まあ、色んなこと言う人がいますからね〜」という、毒にも薬にもならない結論になります。


6.スチューデントサービス

 これはホームステイのクレーム処理がいかに親身で迅速であるかとか、その他学校や生活でのよろず相談に乗ってくれるかどうかです。基本的には、中級以下のレベル(TOEICで800点以下)だったら日本人カウンセラーが居た方がいいです。英語で微妙な相談なんか出来ませんから。

 でも、日本人カウンセラーがいたらそれで良いってものではなく、さらに複数の視点からフルイにかけます。まず人間的な相性が合うかどうか。フレンドリーなのも「営業用スマイル」でそうしているのか、地でそうなのか。さらに生徒の注文を受けたカウンセラーから進言を、学校中枢部がどれだけ真剣に聞くかどうか。なかには単純にカスタマーサービス的に、「苦情の矛先」「訴え仏」として各国スタッフを雇ってるだけという場合もあり、相談には乗ってくれるけど物事が進捗しないってこともあります。その人が学校内でどれだけの権力を持ってるかですね。もっと言えば定着率。1年を経ずしてころころとメンバーが替わる学校もあり、まあ居心地があんまり良くないのでしょうか。

 このあたりは見学するときのチェックポイントです。だけどネットで調べてそこまで分かるか?というと、これは厳しいでしょう。
 それにジレンマになるのは、日本人比率が少ないと日本人カウンセラーがいないのですね。雇う意味に乏しいからです。


7.データーに表われないもの

 これが一番大事なんですけど、それこそ雰囲気とか、空気感という、曖昧なものです。

 華やかでいいんだけど、なんかチャラチャラしてる感じがするとか、野暮ったくて地味なんだけど妙に居心地がいいとか、ピカピカで設備も整ってるんだけどそれが逆に人口的で冷たく思えたり、、、感じ方はさまざまです。しかし、毎日通う所なだけにそれが一番モノをいいます。

 選ぶことって結局そういうことだと思います。それは恋人や友達にせよ、賃貸マンションにせよ、職場にせよ。どうしてそこにしたのか、どうしてそれが良いのか?って、説明できないことの方が多くないですか。選ぶ前にさんざん条件を掲げておきながら、結局、その条件のどれにもひっかかってないけど、それが一番気に入ったという。逆に、賃貸物件なんか典型的だけど、駅から近いわ、料金もお手頃だわ、広さも申し分ないわ、下にコンビニまであって便利だわって、喜び勇んで見に行ったら、実は、、、という。実は部屋の窓を開けたらそこが一面墓地だったとか、一階のコンビニが便利だと思ったら、夜になるとガラの悪そうなのが十数人常時タムロしてて恐かったとか。そんな分かりやすい理由だけではなく、「なんとなくイヤ」というのはあります。「なんか、こう、ジメ〜っとしてる感じがして、うらびれた気分になるというか、住んでて楽しくなさそうな、、」とか。

 何やら無責任なことを書いてるようですけど、選ぶということを真剣に真剣に考えていけばいくほど「理屈」で選ばない方がいいと思います。人はそれぞれ自分だけの波長を持っていて、その波長としっくり来るかどうかです。ほんと、そうとしか言いようがないです。

 学校は毎日通うところですし、自分の最初の居場所でもあるわけですから、食べ物でいえばゴハンみたいなものです。オカズではない。どんなオカズも毎日食べたら飽きます。だから、学校を選ぶにしても、オカズ的な部分で選ぶべきではなく、ゴハン部分で選ぶべきです。ところがゴハンくらい形容しがたいものはないです。白くて〜、あんまり味がなくて〜って(笑)。かくして一番表現しにくい、データーに上がって来にくい部分が、一番大事だという、そこがジレンマです。


8.結局、値段で決めてしまう落とし穴

 それでも頑張ってネットショッピングをしようとするなら、一番分かりやすい指標になるのは料金です。これはデジタルですから、とっても明瞭、分かりやすいです。だから、結局、値段を基軸にして、高すぎず、安すぎずのお手頃値段で、そこそこ良さげな特徴が書いてあるのを選ぶ、、というパターンになりがちです。

 しかし、値段というのは品質に対応して初めて意味を持つもので、値段から逆に品質を類推するのは本末転倒でもあります。ある程度はあたってるだろうけど、それでもタイプの差までは分りません。同じ高品質でも、ロールスロイスとフェラーリではタイプが違う。

 皆さんが最終決断するときに、いつもアドバイスするのは、「料金が全部同じだったらどこがいい?」「全部無料でいけるとしたらどこ?」ということです。まず料金という枠を外してみて絶対的なベストを考えてもらう。仮にそれがAという学校で料金も高く380ドルしたします。次点候補がBという学校で350ドルだとしたら、AとBの差は30ドル。そこで、その質の差は30ドル余計に払ってでも買うだけの価値があるかないかと。難しいようですが、これが出来ないのならば、結局のところ、質の差を理解していないということでしょう。

 このように費用対効果=コストパフォーマンスを詰めて考えていかずに、単純に自分のフトコロ具合だけで決めてたら外します。納得できない学校に我慢して通い続けて、それで学習効率が上がるとも思いにくいですしね。トータル予算が絶対なら、質をキープして週数を減らした方がまだしもマシだと思います。いずれにせよ、安い学校といっても合算すればかなりの額になりますから、それだけのお金を運とかバクチ的に遣っていいのか?って気はします。大学進学だって、授業料だけでは選ばなかったと思うのですが。まあ、そこは個々人のやり方ですけど。

 あとは、折々のスペシャル料金とか奨学金とか(呼び名は色々あるが要するに割り引き)の有無とかも関係しますが、これも最終的には値段の問題に帰着するでしょう。なお、エージェントと割引料金の関係については、これは話が複雑になるので別に書きます(そう大したことではないけど)。それと他のエージェントさんからプロの意見を聞く、それについてのエージェント選びという問題もあるのですが、これもカタログ選びとは外れますので、また別に書きたいと思います。

 でも、まあ、誰が何を言おうが、百万人が反対しようが、料金が高かろうが安かろうが、自分の「母校」になるべき学校ですから、「ここが好き!」って学校に出会われることをお祈りします。以下、選び方の王道的なポイントして、ロケーションや値段、コースなどを掘り下げて書いていきます。


   →次に行く(選び方 Part 1 ロケーション)



 語学学校の選び方INDEX

序章 カタログショッピング的学校選びの危うさ
(1) ロケーション
(1-2) 学校と住居のコンビネーション
(2) 予算、授業料
(3) 学校の個性と居心地(規模、雰囲気)
(4) 目的やコース (IELTS、ケンブリッジ、ビジネスコース)
(5) 英語力別の学校の適性(初級・中級・上級)
(6) 上級編・本質編:何のために学校にいくのか?「結果を出す」留学〜学校の相対的比重を下げよ