1. Home
  2. みんなの写真館
2012年07月27日追加
2008年10月08日、11月12日、2010年1月26日
2010年12月10日Part4追加



みんなの写真館



Snapshots of You All  Part.02


 このコーナーでは、過去にAPLACを訪れた皆さんのスナップ写真をご紹介しています。その2頁目。
 実際のシェア探しの感じを見てみたい方、ワーホリや留学生活のイメージが湧かない方、一括パックをご利用を考えている方、どうぞ見てください。例えば、「こんな感じ」です。

INDEX Part.01−03

シェア探し/Share Hunting 〜その苦闘の記録

勝利のV/I've done it! 〜この達成感

路上にて/On the Street  〜私は今、異郷にいます

BEFORE→AFTER  〜 三日会わざれば刮目してみるべし

Tomorrow Never Knows   〜明日のことは誰にも分からない

Posed Pics   〜はい、ポーズ

Mama, don't worry, I'm eating well.   〜ちゃんと食べてます

INDEX Part.04

スライド動画 Vol.1   〜 主として2010年モノ

スライド動画 Vol.2   〜 2011年モノも含め新旧織り交ぜ

スライド動画 Vol.3   〜 2011年下半期を中心に新旧織り交ぜ

スライド動画 Vol.4   〜 2012年上半期を中心にシドニー街角写真も織り交ぜ


路上にて/On the Street

彼も頑張ってましたねー。これは、最終的に決めたシェアのBurwoodまで行ったときのスナップ。約束の時間までまだあるから、町の中のスナップを撮ろうよといって撮ったものです。なかなか、こういう写真は自分では撮れないものだろうし。

調子に乗って、「はい、じゃあ向こうで信号を待ってるところをいってみよう」で一枚。
彼女はこれからラウンドに出ます。荷物を置きに来たとき、たまたま僕が出かける用事があったのでクルマで送ったときのスナップ。「なに、Bradleys Headをまた見たことがない?シドニーを離れる前に見ておかなきゃ」で急遽見に行ったものです。なかなかいい写真になったので拡大大判です。

→写真上段左は、ウチの近くですね。"近所の裏山”的な感じ。なにかの拍子にドライブ&散歩がてら行ってきたものです。


→上段右は、Newtownの街角にて。昼ご飯を食べに行ったときのもの。



→写真下段左は、ボンダイですね。小雨の降るなかシェア探しにいったときのもの。

→下段右は、これもNewtownの大きな古本屋さん。時間がちょっと空いたので探検に行ったときのもの。



→写真上段左は、Camperdown。ここは知る人ぞ知るアイスクリーム工場で、1ドル10セントの激安アイスを売ってます。

→上段右は、Cammeray。シェア探しのヒトコマ。






→写真下段左は、えーと、Middle Coveだ。シェア探しではなく僕が家探しをしてたときにたまたま遊びに来ていたので一緒に見に行ったときのもの。

→下段右は、これはBondi Junction. 学校巡りのヒトコマです。








BEFORE → AFTER編/刮目して見るべし編

 オーストラリアにやってきた頃の写真と、滞在を終えて日本に帰るときの写真の両方が揃っているレアなパターンがあります。この1年でどれだけ成長できたかの「使用前・使用後」「BEFORE/AFTER」みたいなものですが、わずか一枚の写真にもそれはハッキリ写るものだということが分ると思います。

見ればおわかりのように左がBEFORE、右がAFTERです。 これは撮っている場所までが同じという貴重な一枚ですが、BEFOREの頃は本当に初々しいというか、学校を出たばっかりのピカピカの一年生的なオーラが出ています。
 それが一年の修行で、このリラックスぶり。単にリラックスしてるとか、ラウンド灼けしてるとかいう表面的なものを越えて、内面の自信がにじみ出ていて人間的にぐっと大人になっていますよね。



@着いたばかりの1週間目。「がんばろー!」とポーズは威勢がいいのですが、内面の不安が顔ににじみ出ていますね。可愛い(^_^)。
AこれはMIDDLEともいうべき、通学2−3か月目あたりの写真です。ウチで皆でパーティをやったときの写真ですが、3人ともかなりリラックスしているのが分ると思います。
Bかなり顕著にAFTERな写真。
一番手前の二人は、その週に着いたばかりでピカピカオーラが出てます。すぐ後ろの(並んだ)二人は学校もそろそろ終わりという落ち着きがあります。
で、本命は向う正面の彼です。たった一年でここまで変わるか?という貫禄がでていますね。もう「先生」と呼びたいくらいです。
Cこれもラウンドを終えての二人。たまたま同じ日にウチに荷物を引き取りに来られたときのもの。
右の彼が今回のAFTERですが、左の彼も上のシェア探し3人組の一人で、彼にとってもAFTERです。やや強引なポーズで自信を強調していますね。でも、自信があるのは、ポーズのせいだけではないです。


これはワーホリを終えて帰国する人と、オーストラリアに着いたばかりの人が一緒に写っているというBEFORE/AFTERです。
どっちがどっちかは一目瞭然でしょう。向かって右側の一人座ってる彼が帰国組で、左側の二人がニューカマーです。みな穏やかに微笑んでますが、やっぱりオーラというか貫禄が違います。
よく見ると、テーブルの隅に体験談ノートがありますな。しっかり書いていただきました。

 右の二枚は、本人自身の成長と、来たばかりの人との二重の意味でBefore Afterです。

 左の写真は言うまでもなく来たばかりの写真。Vサインも心なしか力強くないです。目つむってるし。
 右の写真はラウンド一周後。弾けてますね〜。左隣はその日に着いたばかりの人で、実年齢では彼の方が全然上なのですが、貫禄が違います。

ではその左隣の彼はどのような成長を遂げたかというと、、、
やはり、まだVサインが弱々しいですね〜。到着後2日目。




しかし、4日目ともなると淡々とシェア電話をこなすようになってきて、、、


わずか6日目には、ゲットとしたシェア先で満面の笑み。たった一週間足らずで、ぐっと落ち着いた表情になっているのがわかるでしょう。もう大丈夫です。
ちなみに彼は二回目ワーホリを取ってまだ滞在しています。ラウンド途中でちょくちょく訪ねてきてくれてますが、現時点での逞しさはこんなもんじゃないです。
これも同じように、シェア探し前→後という、わずか数日での変化です。
この時点では、やはりどっか頼りなげ、、、
コツコツとシェア探しの努力を経て、、、
これも6日後だったと記憶してますが、すっかり落ち着いて余裕のV。
文字通り、三日会わざれば刮目せよ、です。


TOMORROW NEVER KNOWS編

 僕が空港までお迎えに行ってから、かれこれ長い時間が過ぎ、そして今は、、、というパターンです。
 しかし、こんな展開になろうとは着いた時点ではだーれも夢にも思ってなかったのですが。面白いものです。



 お二人のうち一人はアメリカのフロリダで働いています。もう一人は永住権をゲットしてオーストラリアの航空会社でCAをやってます(先日機中で偶然お会いしました)。
お二人のうち一人は、頑張って独立移住永住権を取得、今はオージーの伴侶にも恵まれバリバリ活躍しています。
しかし、彼女は本当に頑張りました。シェア見に行って道に迷ってはウルウルして、シェア先で人間関係に詰まってウルウルして、その後もメールやお電話をいただきましたが、「永住権、取れました。ご報告しようと思って」といただいた電話の声は力強かったです。
こちらに来てタイ人のカッコいい彼に出会い、ゴールイン。結婚式までお招きいただきました。ずいぶん昔のことですが、最初のホームステイはロックデイル、最初のシェア先はランドウィックでしたね。まだ覚えてます。


 あれ?この写真、BEFRE/AFTERで見たよ、、とお思いでしょうがミスではありません。

 話にはまだ続きがあり、この三人娘は帰国後それぞれ結婚してミセスになってます。
 右は、先陣を切って式をあげた方にあとの二人がお祝いに駆けつけたときのスナップ。メールで送っていただきました。
 あとの二人もめでたく結婚され、うちの一人はシドニー時代の恋人とゴールインしてイギリスに行ってる筈です。

 同じく、これもミスではありません。

 左の写真で着いたばかりでキャピキャピだった最前列の二人ですが、相手のシェア先のチェコ人と仲良くなり結婚してシドニーに滞在されているようです。メールで送ってもらったスナップ写真です。


 彼女は2001年に来られたのですが、先日、嬉しい便りをいただきました。

 帰国後、US海軍の水兵さんと知り合い、ゴールインされたそうです。
 旦那さんの乗ってる船がシドニーに寄港するというので、彼女も来られたのですが、短い滞在時間中、どうして予定が合わず、お会いできませんでした。めちゃくちゃ残念。

 ※→まだまだ続きます




★→みんなの写真館のトップに行く
★→動画館に行く
★→直筆体験談を見てみる
★→語学学校研究へ行く
★→ワーホリの部屋に行く
★→一括パック現地サポートを見てみる
★→APLaCのトップに戻る
APLaC/Sydney(シドニー多元生活文化研究会)


tamura@aplac.info
禁無断転載/(但しリンクはフリーにどうぞ!)
Copyright 1996- APLAC. No reproduction or republication unless Copyright law allows.